2014
09.15

今年のトマト、ギュッと搾りました!

CO・OP福島育ちトマトジュース

日本を、食卓から元気にしたい。ちいきげんき!
復興に向けて。利用で応援

今年のトマト、ギュッと搾りました! co・op福島育ちトマトジュース

生産者が丹精込めて育て上げたトマトで作る「co・op福島育ちトマトジュース」が、新物2014年産のお届けの時期を迎えました。
コープネットは商品を組合員の皆さんにご案内し、ご利用頂くことで産地を応援します。

*今回は生産者の一人・結城さんご家族を訪ねました。

うちは家族みんな、トマト大好きなんですよ

2014年8月1日
福島県大沼郡会津美里町原料となるトマト畑にて
生産者・結城さんご家族
パパのトマトだよ♪ 父の栽培技術を受け継いで5年

トマト栽培は、亡くなった父の技術をいかそうと、2010年から母と一緒に始めました。ところが翌年、東日本大震災が発生。その年は栽培ができず、不安でいっぱいでした。

周りの支えで元気にトマト作り

栽培は無事、2012年に再開。今では先輩や母の教えを受けながら、楽しんで取り組めるようになりました。家族も増えて、毎日にぎやかです。皆と協力して、これからも栽培を続けたいですね。

タイミングを逃さず「旬」を収穫

春から育ててきて、赤く色づいたトマトを見ると、やっぱりうれしいです。おいしさのピークは2週間ほどなので、その間は収穫に大わらわなんですよ。今年のトマトの味わいを、ぜひ楽しんでくださいね。

太陽の恵みがたっぷり
甘みと酸味のgoodバランス

今年7~8月に収穫したトマトのみを使い夏にだけ製造するシーズンパック
完熟トマトを搾ってそのままパックしたストレートジュース

co・op福島育ちトマトジュース(食塩無添加) 190g×20
2014年の夏に収穫した福島県産のトマトを搾り、そのままパックしました。co・op福島育ちトマトジュース(食塩無添加) 190g

うまい!!トマトジュースは苦手だったのだけれど、これはゴクゴク飲めます。材料になっているトマトが美味なんだろうなと思わされます。カレーを作る時は、これを入れて煮込んでます。
コープにいがた K・Fさんより

福島県が未来への意思を込めたスローガンです
コープの応援する気持ちから商品にマークを付けています
ふくしまからはじめよう。
ひとりひとりが復興に向けて歩みはじめよう。そして、ふくしまから、新たな流れを創っていこう。福島県は、大震災そして原子力災害から必ず立ち直ります。福島県の復興は、新たな社会の可能性を示していくということでもあります。ふくしまから新たな流れを創っていきたいという意志が込められています。
【放射性物質検査について】 「原料のトマト」「製品」とも「検出せず」
「原料のトマト」は市町別に、日本生協連検査センターにて放射性物質検査を行い、すべて「検出せず」※1でした。また「製品」は製造日別に検査を行い、全て「検出せず」※2でした。
※1 ゲルマニウム半導体検出器使用。検出限界はセシウム134、セシウム137各2Bq/kg
※2 同各2Bq/k
毎月3日は「産直の日」
産直平たねなし柿(特別栽培・サイズ込) 550g(3~4個)
奈良県・和歌山県の産直産地より、
旬の味覚をお届けします!
平たねなし柿は渋柿。収穫後に脱渋庫(だつじゅうこ)で成分を変化させ、甘くほどよい口当たりにして出荷しています。
※天候の影響で果皮にスレキズがあるものをお届けする場合があります。
コープネットの産直(農産)5つの基本
1. 生産地、生産者、生産、流通方法が明確であること
2. 記録・点検・検査による検証システムがあること
3. 持続可能な生産と、環境に配慮した事業を推進すること
4. 生産地、生産者団体との自立・対等を基礎としたパートナーシップを確立すること
5. 組合員と生産者との多面的な交流を推進すること

記事一覧

産直・産地だより

PAGE TOP