2014
09.29

ニュージーランドで園地指定 海外の生産者と一緒に取り組む環境に優しい栽培

園地指定キウイフルーツ(有機栽培)

日本を、食卓から元気にしたい。ちいきげんき!

ニュージーランドで園地指定
グリーン・プログラム 海外の生産者と一緒に取り組む環境に優しい栽培

コープネットは、産直品の中でも特に環境に配慮して育てられた商品を「グリーンプログラム」ブランドとして、お届けしています。
今回ご紹介するのは、同ブランドの一つである有機栽培のキウイ。
輸入品も国内と変わらない協力体制で、指定園地で育てています。
生産者のピーター・シーブライトさん
ニュージーランド
ベイ・オブ・プレンティ地方

キウイフルーツの栽培が盛んなベイ・オブ・プレンティ地方。ニュージーランド産キウイフルーツの約8割が生産されています。丁寧に土作りをして育てた自慢のキウイです  有機認定を受けて23年。妻と栽培しています。子どもが幼い頃に園地で遊びまわっている姿を見て、安心して与えられるものを育てたかったし、皆さんにも食べてほしいと思ったんです。
 一番のこだわりは、魚や海藻由来の有機肥料を使った土作り。土壌そのものが、より健康になるようにしています。また、こまめに枝の剪定をして日光をたっぷり浴びせ、甘くしていますよ。
グリーン・プログラム有機栽培 組合員さんの笑顔を思いながら育てています
POINT1
草刈りは羊で。除草剤は不使用です
放牧した羊が草を食べてくれるから、除草剤はいりません。化学合成肥料や農薬を使わず有機肥料を投入することで、質の良い土作りに取り組んでいます。
POINT2
生産者とコープネットは、長く深いお付き合いです
毎年、コープネットの基準や生産者の栽培方法などをお互いに確認し「農産商品仕様書」を作成しています。
生産者との話し合いの様子
(中央奥がコープネットバイヤー)
POINT3
産地も生産記録の大切さに共感しています
産地が記録をしっかり管理。コープネットの職員は定期的に点検しています。
農薬散布や土壌分析、実の検査結果などの情報を記録
POINT4
生産者や産地との交流で協力関係を深めています
2013年8月27日に、生産者グループがコープネットを訪問。コープデリ宅配の物流施設である川口青果集品センター(埼玉県)を見学しました。
園地指定キウイフルーツ(有機栽培)
280g(3~4個)
農林水産省登録認定機関から日本農林規格の有機農産物と認定されたキウイフルーツ。柔らかいものからどうぞ。
そうだったんだ!
キウイのおいしさは、収穫後に完成
キウイフルーツは樹の上ではなく、収穫後に完熟するフルーツ。
おいしいキウイをお届けするために、日本で食べ頃を迎えるよう、管理しています。
収穫後、温度管理をした船へ

日本に到着後、追熟室へ

硬さや甘さを数回チェックし、ちょうどよくなったら組合員さんのご自宅へ!
みそは基本の調味料
だから、原料は畑を大事に使う有機栽培
有機栽培の原料を有機JAS認定の工場で加工
大豆と米を化学合成農薬・肥料を使っていない農場で栽培。畑への負担を抑えた有機栽培で自然を守りながら作っています。
白
淡い色合いと上品な甘み

すっきりやさしい味わいは、野菜のみそ汁や炒めもの、漬け魚におすすめ。
中甘口タイプ
co・op有機みそ白 750g赤
熟成されたうま味とコク

しっかりと強いみそ感は、しじみ汁や豚汁、生野菜のディップにおすすめ。
中甘口タイプ
co・op有機みそ赤 750g

記事一覧

産直・産地だより

PAGE TOP