2015.05.18

園地指定サンゴールドキウイフルーツ

園地指定

試練を越えて育てた
サンゴールドキウイフルーツ

試練を越えて育てたサンゴールドキウイフルーツ

生産者と一緒に話し合いながら生産しているコープネットの産直品。
輸入品には「園地指定」マークを付けてご案内しています。
海外の作物も国産と同様の体制のもとで確認、栽培しています。
今回はその一つ、ニュージーランドのサンゴールドキウイフルーツをご紹介します。

ニュージーランド 北島 カティカティ

イアンさんの畑は、ニュージーランドの北島のカティカティというエリアにあります。海に囲まれた半島で、豊富な栄養素を含んだ土壌に恵まれています。内陸より少し暖かい沿岸の気候は果実の成熟を助け、キウイフルーツをおいしくしてくれます。

生産者 イアン・マコーミックさん

生産者
イアン・マコーミックさん

たくさん実るようになった新品種

従来の品種は5年前から広がった病気で壊滅的な状態になってしまいました。そこで病気に強く、しかもより甘いサンゴールドキウイの栽培に切り替えたんです。
これまでの樹を全て切り、新品種の接ぎ木をするのは大変な作業でしたが、今はたくさんのキウイが実るようになりました。枝を剪定しわざと生産量を減らしたり、肥料を与え過ぎずに丈夫な樹を作って、質のよい実が育つようにしています。

自慢のおいしさを
日本にお届けできてうれしい

私は最高品質のキウイを栽培している誇りを持っています。この新品種を組合員さんに味わっていただけると思うと、これまでの苦労も吹き飛びます。
コープデリでは、私たちのキウイが誰に届くのかまでわかるということに大変感動しています。私の娘も甘くて食べやすいサンゴールドキウイが大好きです。組合員さんもぜひ、ご家族で味わってみてください。

イアンさんの娘さん。「パパのキウイはおいしいね!」イアンさんの娘さん。「パパのキウイはおいしいね!」

今年も大きい実が鈴なり
“喜びの甘さ”を味わって

コープネット生鮮調達管理部 農産グループ 次長 橋本功二

コープネット生鮮調達管理部
農産グループ
次長  橋本功二

開花時期に快晴に恵まれ、受粉は成功。また、おいしさが増す要因となる昼夜の温度差や、適度な降雨で大きい実がたくさん育っています。産地は毎年確認していますが、今年は特に感慨深いです。それは、新品種の本格的な栽培に切り替えてから5年、ゴールド系のキウイを全てサンゴールドキウイでお届けできることになったからです。成果は、生産者の努力があってこそ。ぜひ、味わってください。

産地確認の様子(右が橋本)産地確認の様子(右が橋本)

園地指定サンゴールドキウイフルーツ 320g(3~4個)

選ぶことでできるエコがあります「環境月間」対象期間:6月1回~7月1回

海外でも環境に優しい
有機栽培

産直品の中でも特に環境に配慮して育てられた商品を「グリーン・プログラム」ブランドとしてお届け。
その中の有機栽培のご紹介です。

「グリーン・プログラム」有機栽培

Fromニュージーランド 栄養素を含んだ肥沃な土地で健全なキウイ作り

生産者 ケン・ヤングさん、キャロル・ヤングさんご夫妻生産者
ケン・ヤングさん、キャロル・ヤングさん
ご夫妻

私たちの園地は1990年代の初頭に初めて有機認証を受けた園地の一つなんですよ。その頃、ちょうど子どもも幼かったので、彼らのためにもより安全で健康的な環境でキウイ栽培をしたかったんです。植物は自然との調和の中でより健全に育つのだと信じて取り組んでいます。

園地指定キウイフルーツ(有機栽培)280g(3~4個)

Fromメキシコ 人の手による草取りなど細やかな作業を重ねて

生産者 ベラスケス・デ・レオンさんご夫妻生産者
ベラスケス・デ・レオンさんご夫妻

有機栽培では病害虫の発生を防ぐ環境作りが大切です。ですから、人の手で丁寧に雑草を取るなど、日々、細やかな世話を積み重ね、それが健全でおいしいバナナにつながっていくと考えています。有機栽培によって、土壌や環境を守り続けていることに誇りを持って育てていますよ。

園地指定メキシコバナナ(有機栽培)600g

Fromエクアドル 自然の力を最大限に活かしながら最先端の技術を積極的に導入

生産者 セリア・マリア農園 ホルケ・エンカラーダさん生産者
セリア・マリア農園 ホルケ・エンカラーダさん

エクアドルは赤道直下の国。畑は豊富な日照とアンデス山脈の豊かな沖積土壌に恵まれています。そうした条件をより活かすため、土の中にミミズや微生物が育つようにし、活力と酸素を与えてバナナを作っています。コープネットのバイヤーが私たちが栽培に取り組んでいる姿を見て、組合員さんに伝えてくれることを、とてもうれしく思います。

園地指定エクアドルバナナ(有機栽培)600g

記事一覧

産直・産地だより

PAGE TOP