2015.09.07

CO・OPコアノンシリーズ

CO・OPコアノンスマイルスクールプロジェクトアンゴラの子どもたちに
安全な水と衛生知識を

アンゴラの子どもたちに安全な水と衛生知識を

選ぶことで参加いただけます
CO・OPコアノンシリーズ」

1パックご利用につき1円をユニセフに寄付

100%再生紙使用で芯がなくエコなトイレットペーパー「CO・OPコアノンシリーズ」。
コープは、商品をご利用いただくことで寄付を行う「CO・OPコアノンスマイルスクールプロジェクト」に取り組んでいるのをご存じですか。
コアノンを使うことは環境配慮だけでなく、アフリカのアンゴラ共和国が進める「子どもにやさしい学校づくり」の応援にもつながっています。

アンゴラ共和国 面積:124.7万平方㎞、首都:ルアンダ 人口:約2,147万人(2013年)、出生時の平均余命:52歳(2013年) | 衛生や教育環境にたくさんの課題 約30年におよぶ内戦が2002年に終結。都会では急速な経済発展が進む一方で、地方では水道や電気といった生活の基盤も整っていません。さらに慢性的な水不足や劣悪な衛生環境のため、5歳になる前に命を落とす子どもの割合は世界一※です。初等教育就学率は76%ですが初等教育修了率は50%と、教育の課題も多くあります。※ユニセフ「世界子供白書 2015<要約版>」

2014年も訪問

プロジェクトは2010年に開始。これまで3回、組合員さんやコープ職員が現地を視察し、寄付金で作られた設備の確認や子どもたちとの交流も行っています。

アンゴラの現状 寄付金の使われ方視察してきました | 日本生活協同組合連合会 第一商品本部 家庭用品1部 ハウスホールドグループ グループマネージャー 永井 智宏

ため池の水を飲む子どもたち

私は2012年の視察で現地を訪れました。小学生の子を持つ親として、アンゴラの子どもたちの現状を目の当たりにすると胸がつまりました。水不足で、人々はため池の泥水を飲用などの生活用水に使うこともあるんです。

学校でもトイレや手洗い場がなかったり、あっても水を流せないなど、子どもたちが安心して通える環境が整っていません。水回りは命にも直結する問題ですが、長く続いた内戦の影響で現地の先生も教員研修を受けていないため、衛生知識などを子どもたちに指導するスキルに乏しいんです。

©日本ユニセフ協会/2014

こうしたため池の水を飲用にしている
地域はまだ多くあります

学校から地域へ 子どもたちが広げる手洗いの大切さ

集まった寄付金は、学校の手洗い場や貯水タンクの設置、基本的な衛生習慣を身に着けるための指導などに役立てられています。学校の給水環境を整備すると地域の人たちも関心を持ちますし、また、子どもたちは学校で習ったことを家族に伝えます。そうして徐々に衛生の知識が地域にも広がっています。

寄付金で設置した学校の貯水タンク

保健衛生の授業。水は貴重。少ない水でも上手に手を洗う方法を伝えます

寄付金をもとにできた井戸からゴクゴク水を飲む女の子

CO・OPコアノンスマイル スクールプロジェクト | 第5期 2015年10月31日まで | 『CO・OPコアノンシリーズ』 1パックご購入→1円を寄付 | 選ぶことで参加いただけます | ありがとうございます。全国のコープの組合員さんのご協力でたくさんの寄付ができました。第4期(2013年11月1日) 13,273,700円

コアノンは、トイレットペーパーとしての魅力もいっぱい

・芯がないから、ゴミが出ない。・100%再生紙使用。凸凹加工で肌ざわりやわらか。・長さは一般のトイレットペーパーの2倍の130m(シングル)。なが~く使える。
CO・OP やわらかコアノンロールシングル (130m×6)×5 ※専用芯をご希望の方は配達担当者までお申し出ください。
CO・OP やわらかコアノンロールシングル 130m×6 ※専用芯をご希望の方は配達担当者までお申し出ください。
CO・OP やわらかコアノンロールダブル 65m×6 ※専用芯をご希望の方は配達担当者までお申し出ください。
CO・OP やわらかワンタッチコアノンシングル 130m×6 ※落下や音防止の紙製の専用芯をご希望の方は配達担当者にお申し出ください。
CO・OP やわらかワンタッチコアノンダブル 65m×6 ※落下や音防止の紙製の専用芯をご希望の方は配達担当者にお申し出ください。

記事一覧

産直・産地だより

PAGE TOP