2015.10.19

れんこん

鮮度を守ってお届けする
れんこん

鮮度を守ってお届けするれんこん

ご注文に合わせて収穫産直れんこん

※コープみらい、いばらきコープ、コープぐんま、
とちぎコープ、コープながのでの取扱い

産直れんこんは、組合員さんのご注文を受けてから収穫。
鮮度を保ってお届けしています。
れんこんの産直産地の一つ、
茨城県の霞ヶ浦有機センターとJA新ひたち野をご紹介します。

茨城県 茨城県・農事組合法人霞ヶ浦有機センター

生産者の小野英司(ひでし)さん
ご家族を訪ねました。

英司さん(左)と息子の大樹(たいき)さん。力を合わせて収穫しています

収穫間もないれんこんの格別なおいしさ

「れんこんは収穫から早いほど、みずみずしくてシャキシャキの歯応えが楽しめます。風味も強いんです」と、小野英司さん。鮮度のよいものをお届けするため、組合員さんからの注文に合わせて収穫。天候に関係なく行います。収穫後、乾燥を防ぐためにぬれた布をかぶせたり、自宅の作業場で袋詰めまで素早く行ったら冷蔵庫へ入れておくなど、鮮度を保つための工夫をしています。

水中にあったれんこんは乾燥が苦手。ぬれた布をかぶせて運びます

“ひいじいちゃん”も現役
家族一緒に丁寧に作業

小野家のれんこん栽培は英司さんの父である吉雄さんが始め、今は英司さんの息子の大樹さんも加わりました。吉雄さんは今も現役で、英司さんのご家族、大樹さんのご家族と一緒に、収穫後の袋詰めまでの作業に携わっています。
英司さんは「我が家の強みは家族で心を合わせた丁寧な作業。ぜひ、組合員さんのご家族に、私たちのれんこんを食べていただきたいです」と話しています。

にぎやかな小野さんご家族

茨城県 茨城県・JA新ひたち野

JA新ひたち野の生産者の中でも
コープへの出荷を主に行うグループ・
玉川産直協議会の皆さんを訪ねました。

生産者で同協議会会長の坂大輔さんとたか子さん親子。
作業の流れはたか子さんがリードします

玉川産直協議会のメンバー。
毎週1回集まり、現状報告や出荷する数などの確認をします

収穫間もないれんこんの格別なおいしさ

「れんこんは鮮度がよいほど、シャキシャキの歯応えで香りもあります。それを味わっていただきたいから、注文に合わせて雨の日でも、寒い日でも収穫しています」と話す、同協議会会長の坂大輔さん。さらに同協議会では鮮度を保たせるため、れんこんの葉茎を収穫の数日から十数日前に刈るという「カラ刈り」をしないといいます。「葉茎を刈ると、れんこんの表皮に酸化鉄がついて茶色くなるのを抑え、表面が白くなるのですが、傷みやすくもなります。見た目よりも、質のよいものをお届けしたいんです」

田んぼのわきで洗浄やヒゲ根などをカットしてから家の作業場へ運びます

コープと協力して届け続ける鮮度

同協議会の発足は12年前。出荷したれんこんが産地情報とともに組合員さんに届けられるコープとの産直を大切にしたいとの思いからでした。コープと話し合い、4年前から大きさの選別基準をゆるやかにし、サイズ込でご案内するようになりました。「育てたものが、むだなく商品としてお届けできるのがうれしいです」と、坂さん。今年7月には、メンバーで塩尻要冷集品センターを訪問。想像以上に徹底した品温管理がされている様子に驚いたといいます。坂さんは、「これからもこのつながりを大切にしていきたいです」と話しています。

サラダや煮物、炒め物、天ぷらに 食感のよいれんこんはいろいろな料理に合います 産直れんこん400g 産直れんこん350g

大口れんこん

※コープにいがたのみの取扱い

節のままのお届けで鮮度を守るJAにいがた南蒲(なんかん)

新潟県 JAにいがた南蒲

大口れんこんは新潟県で栽培されるブランドれんこんです。JAにいがた南蒲は、その代表的な産地。栄養分が溶け込んだ豊富な地下水や土壌を生かしながら、有機肥料を与えて元気なれんこんを育てています。

後列右から4番目が鈴木さん

JAにいがた南蒲 大口れんこん生産組合
組合長 
鈴木一太郎さん

今年は例年以上によく育ちました

今年は春先から気温が高く、とてもよくれんこんが育ちました。ぜひ、特長であるシャキシャキした食感を楽しんでください。スライスしてさっとゆで、サラダにするのがおすすめです。
私たち生産者の作業は、収穫後、洗浄、選別、袋詰めまで。鮮度のよいものをお届けしたいので、節のまま袋詰めしています。空気に触れる切り口が小さいので、乾燥を防げるんです。

丸々と見事に育ったれんこん

収穫はポンプの水圧を利用して行います

大口れんこんの産地として頑張ります

私たちの組合には20歳代から80歳代まで、78軒の生産者がいます。最近若者も入ってきて、将来につながる希望の光となっています。この辺りのれんこん栽培自体は100年以上の歴史があり、大口れんこんは特産。これからも皆で力を合わせてよいれんこんを作り、産地全体を盛り上げていけるといいですね。そして、多くの組合員さんに食べていただきたいです。

サラダはもちろん、煮物や炒め物、天ぷらにも 大口れんこん(節) 400g(1~2節)

選ぶことでできるエコがあります 環境月間 対象期間 : 2015年11月1回〜2015年11月4回 環境にやさしい農法で育てたお米のおにぎりを食べてトキの野生復帰を応援しよう

co-op新潟佐渡コシヒカリの焼おにぎり」は新潟県佐渡市産の「co-op新潟佐渡コシヒカリ」で作っています。佐渡市では野生のトキが大空を舞うことを願い、生きものと共生できる環境に気を配った農法に取り組んでいます。
コープネットは「佐渡トキ応援お米プロジェクト」で、そうした佐渡市のお米作りを応援しています。

佐渡トキ応援お米プロジェクト対象商品 商品の販売1パックにつき1円を寄付

co-op新潟佐渡コシヒカリの焼おにぎり」の販売1パックにつき1円を「佐渡市トキ環境整備基金」に寄付します。寄付金は、佐渡市が行う生きものを育むための環境整備に使われます。

co-op 新潟佐渡コシヒカリの焼おにぎり 6個入(420g)

記事一覧

産直・産地だより

PAGE TOP