粉末だし付き簡単に煮物が完成

お鍋で10分!添付のだしで煮汁を作り、本品を入れて煮るだけ。または 電子レンジで6分!お皿に添付のだしをお湯で溶き、本品を加えて加熱(500W/約6分)するだけ。

こうや豆腐は、たんぱく質がとれる食材として古くから日本人に親しまれてきました。
CO・OPひとくちこうや豆腐」は、長野県にある老舗メーカーの(株)みすずコーポレーションが製造。手軽に伝統食であるこうや豆腐の煮物が作れるよう工夫を凝らした、組合員さんに支持されている商品です。

(株)みすずコーポレーション
商品開発部 高橋奈保さん

長野県で生産シェア約95%

長野県では、豆腐をわらで編んで戸外につるし、冬の寒さを利用して作るこうや豆腐が凍(し)み豆腐として食されてきました。昔は冬の間だけ作るものでしたが、機械や加工技術を向上させて通年生産を可能にし、産業として力を入れてきたんです。現在、こうや豆腐の製造の約95%を長野県が占めています。

伝統食を未来の子どもたちにも届けたい

私たちの会社も長野県で凍み豆腐の生産会社として創業。以来110年以上、時代に沿った豆腐商品のメーカーとして歩んできました。古くから親しまれてきた伝統食を、未来の子どもたちにも食べてもらいたいという願いのもと、お届けしています。

忙しい組合員さんを応援したいから
手間いらずに

CO・OPひとくちこうや豆腐」が開発されたのは30年以上前。働く女性や、忙しい主婦が増えてきた時代です。仕事から帰った後、時間がない中で夕食を作るという組合員さんの話を聞き、少しでもお役に立てればとの思いから生まれました。こうや豆腐の「湯戻しするのが大変」「煮含めるのに時間がかかる」といったイメージを払拭すべく、工夫を凝らしたんです。初めて作る方でも、おいしい含め煮がすぐできます。ぜひ、作ってみてください。 

(株)みすずコーポレーションの歴史 長野県 (株)みすずコーポレーション

  1. 1902年 創業。当時は冬のみ凍み豆腐を製造し、長野市周辺の需要を満たしていました
  2. 一つひとつ手作業での切断・選別の様子
  3. 1932年 人工冷凍冷蔵設備が整い、通年生産開始
  4. 1959年 最新技術が投入され、画期的なオートメーション工場が完成
  5. 現在 豆腐の自動切断装置や連続式乾燥設備を導入。機械化されているとはいえ、大豆の浸漬に始まり豆乳の分離、豆腐造り、冷却まで3日間、急速凍結後、味や食感をつくる熟成期間に16~20日間と時間がかかります

アイデアで広がるメニュー 手軽に使えるからこんな一品にも!

  • こうや豆腐の肉巻き お弁当にもおすすめの甘辛味
  • こうや豆腐のチャウダー 味噌汁だけじゃない。洋風もOK
  • フレンチトースト風こうや豆腐 よく焼くのがポイント。フルーツやアイスを添えても

詳しいレシピはこちら コープのお料理レシピ検索から「こうや豆腐」で検索!

組合さんおすすめ ・もう一品ほしい時に電子レンジで簡単にできてとても重宝しています。こうや豆腐はやわらかく、おだしもおいしいです。・こうや豆腐は栄養価が高いので、離乳食から使用していますが、何より約10分煮込むだけで簡単にできるのがよいですね。

CO・OP ひとくちこうや豆腐だし付き86g(こうや豆腐56g)×2