“お米育ち”で、田んぼを守ろう

  • 食料自給力を高めよう
  • 日本人の食生活が多様化し、お米の消費量が減ったことで、国内の田んぼが減少しています。家畜のえさにお米を活用することは、田んぼを守り、日本の食料自給力を向上させることにつながります。コープネットでは2008年から飼料米で育てた「お米育ち豚」を導入し、利用拡大に取り組んできました。より多くの方にご利用いただけるよう、鶏や牛にも取り組みを拡大しています。
  • 岩手県内の米農家が飼料米を生産。
  • 飼料米を20%以上加え、抗菌性物質を使わない飼料を作る。
  • 飼育期間約60日のうち約37日間給餌。
  • 鶏ふんを有機肥料に加工し、岩手県内の田んぼに還元。

飼料米を配合した鶏の飼料をつくる→その飼料で純和鶏を育てる→鶏ふんを有機肥料に加工→飼料米の田んぼ その肥料を使って飼料米を栽培→

私たちの地元、洋野(ひろの)町で
毎日大切に育てています

ニチレイフレッシュファーム洋野農場のみなさん

岩手県(株)ニチレイ
フレッシュファーム
洋野(ひろの)農場
岩手県の北東部、久慈平(くじひら)岳や太平洋を望む大自然の中に、純和鶏の農場はあります。私たちは、鶏にとって快適な環境を保つため、鶏舎の温度や湿度に気を配るなど、こまめな管理を行っています。また、部外者の立ち入りを禁止して病気などの予防を徹底し、健康な鶏を育てています。

国産品種にこだわった「純和鶏」

    • ・昔から日本にいた国産品種
      「小雪」と「紅桜」をかけあわせた
      100%国内血統の赤鶏。
    • ・飼育期間は一般的な鶏より長い
      約60日。ストレスのない環境で
      ゆったり育てています。
    • ・肉質は繊維が細かく、
      やわらかいのが特長です。
  • 国産鶏種「小雪」 国産鶏種「紅桜」 国産鶏種「純和鶏」
コクがあり、やわらか! 純和鶏お米育ちモモ肉 300g 純和鶏お米育ちモモ・ムネ肉唐揚用(小さめ) 300g

選ぶことでできるエコがあります 環境月間 2016年6月1回~6月5回

再生可能エネルギーの取り組みについてお知らせします。

コープながの 須坂集品センター屋上の太陽光パネル

コープネットグループでは温室効果ガス削減と原子力発電に頼らない社会をめざすとの立場から、省エネ等による電力使用量の削減とあわせて事業所屋上への太陽光パネル設置などを通じた再生可能エネルギーの創出を進めています。

  • 再生可能エネルギー創出実績(2016年4月現在)

  • 41施設 合計5,046kW (太陽光発電を中心に導入)
  • 約1,300世帯分の電気使用量に相当する量を発電しています。