農業を始めて4年、
やりがいを感じています

産地/紀ノ川農業協同組合(和歌山県) 生産者/田口順啓(よしひろ)さん 42歳 和歌山県 紀ノ川農業協同組合

「うちの自慢の柿は、ほんまおいしいで!」と生産者の田口さん

失敗を恐れず挑戦あるのみです

自分の力で全てが決まる農業に興味を持ち、4年前に会社員から転身しました。地元出身で親戚が柿農家だったこともあり、農業をやるなら柿栽培と迷わずこの世界に飛び込んだんです。わからないことはすぐ人に聞き、とにかくやってみるのが私のやり方です。失敗も多いですが、だめなら次にやり方を変えて挑戦すればいいと前向きに取り組んでいます。2年前からは畑を借りて1人で栽培を始めました。収入はまだまだですが、周りの柿農家に負けないよう頑張っています。

  • 柿栽培について熱く語る田口さん
  • 主に1人で約0.8haの畑を管理しています

手をかけた分、満足度も大きいんです

3人の娘の親として、食べ物に対する安全性は気になるところ。特別栽培は親戚のおばさんからたまたま教わって取り組み始めましたが、決められた防除回数で育てる苦労以上に、やりがいを感じています。なるべく自然に近い状態で育つよう手をかけてきた分、良い実に育った時の満足度が違うんです。娘たちには「お父さんは柿が大きくなるお手伝いをしているんだよ」と話しています。栽培歴は浅いですが、食べてくださる方のため、おいしいもの、安全なものをお届けするのが自分の務めだと思って作っています。

※環境にやさしい農業を目指し、化学合成農薬と化学肥料をその地域の慣行栽培の5割以下に抑えています。自然を有効に使った栽培で、柿のおいしさを引き出しています。

収穫した実は、傷や汚れがないか田口さんが畑で一度選果してから出荷します

自分のやり方・考え方で
培できるようになりました

産地/西吉野産直組合(奈良県) 生産者/岡崎将和(まさかず)さん 32歳 西吉野産直組合 奈良県

父とは考え方は真逆。でも柿作りへの思いは一緒です

幼いころから柿畑を見て育ち身近に感じていました。だから当たり前のように父と同じ柿作りの道を選びました。周りにも農家を継ぐ同級生が多く、ともに頑張る仲間がいるので楽しいです。大学を卒業して10年、ようやく技術が身に付き、自分のやり方、考え方で栽培できるようになってきました。
父は長年の勘と技術で作業を進めていくのに対し、私は土壌検査などのデータを基に緻密に栽培計画を立てていくタイプです。父とはタイプが違いますが、おいしい柿を届けたいという思いは一緒。お互いを尊重し、栽培に励んでいます。

将和さんと父である同組合代表の賴助(よりすけ)さん。時には2人で畑を見守ることも

受け継がれたノウハウを大切に

自分にも子供が生まれ、それからはより農薬などの使用を減らした栽培にこだわるようになりました。親として、子供が口にするものに気を配りたいと思うのは、他のお父さんもお母さんも同じだと思います。
西吉野産直組合には、長い間産直産地として農薬などを減らした栽培に取り組んできた技術があります。代々受け継がれてきたノウハウを大切にしながら、もっと技術を磨いて、組合員さんが安心して食べられる柿を作り続けていきます。

  • こまめに畑をまわって柿の状態を見ています
  • 実った柿

農業は体が資本、
元気が一番

産地/美吉野農園(奈良県) 生産者/堀内俊秀さん 74歳 奈良県 美吉野農園

私は74歳、柿は樹齢100歳。バリバリの現役です

私は今年74歳になりましたが、今でも毎日斜面にある畑を上り下りしながら作業しています。農業で一番大切なのは元気であること。体あっての職業ですから、まずは健康でないといけません。
柿の木も同じです。我が家には大正時代に植えた樹齢100年ほどの木がたくさんあります。今でもちゃんと収穫できる実がなるんですよ。ずっと一緒に育ってきたようなものだから、愛おしいです。古い木でも剪定を工夫し、枝が横に伸びるよう整えながら負担をかけすぎないように育てれば、まだまだ現役で頑張ってくれますよ。

  • 傾斜の大きい道もどんどん登っていきます
  • 大正生まれの樹齢100年の柿の木。毎年しっかり実を付けます

農業が好きだから、頑張れます

今は息子と2人で作業をしています。最近は収穫期には孫も手伝ってくれるようになり、次世代へ畑をつないでいけるのはうれしいですね。でも、年々、害虫や害獣の被害が増え、栽培が難しくなっています。試験場が公開するデータから勉強してみたり、周りの生産者と情報交換するなど、私なりに防除に取り組んでいます。大変ですが、柿を育てることが好きなので、忙しくなればなるほどやる気が出ます。そして元気に頑張れるんですよ。

  • 急斜面をしっかりふんばって収穫作業を進めます
  • 笑顔がすてきな堀内さん。柿への愛情が感じられます